您现在的位置:首页 > >

日语拟声词拟态语

发布时间:

日语拟声词拟态语.txt女人谨记:一定要吃好玩好睡好喝好。一旦累死了,就别的女人花咱的钱,住咱的 房,睡咱的老公,泡咱的男朋友,还打咱的娃。楼主我有一篇,你看看行不!我自己写的,就不放在这里了,以免有抄袭的嫌疑!!
目 次
はじめに 1
1 拟声、拟态语のイメージ色彩 2
1.1 拟声、拟态语の聴覚イメージ 2
1.2 视覚イメージ备える拟声、拟态语 2
1.3 触覚イメージ备える拟声、拟态语 3
1.4 味覚イメージ备える拟声、拟态语 3
2 拟声语、拟态语の感情色彩 4
3 日本と中国の拟声语、拟态语特徴対比 4
3.1 日本拟声语、拟态语形式特徴 5
3.2 日本拟声语、拟态语语音特徴 6
3.3 日本拟声语、拟态语の确定性特徴 6
3.4 ほかの特徴整理 7
终わりに 8
谢 辞 9
インターネット资源 10
参考文献 11

はじめに
拟声语は人や动物また自然の各种の音を模拟する言叶である。その基本功能は人や动物、自然の各种音をその音のように模拟することである。拟声语?拟态语は直接の方式で表わすのは、确かに実感力が强い,言叶にイメージと感情色彩を添加する。アメリカ人のエドワは拟声语?拟态语を「言语のレース」に比喩する,交流するときに不可欠地位に置いた。
1 拟声、拟态语のイメージ色彩
拟声语?拟态语は人物を描写するときに直感的に人の共鸣を涌かせる,描写された人物は目の前にいるよな感じさせる。自然景物や环境を描写するときに生き生きであるを利用して、意境を造る,人にしみじみとその环境を感じさせる。このような感覚はイメージ感ともいえる。
1.1 拟声、拟态语の聴覚イメージ
拟声语の特点は现実の物质の音を模拟する専门用语である。拟声语の存在は各种の音を基づいてある。だから、汉语であても、日本语であても聴覚のイメージの特徴がある。模拟されたものの発音と拟声音は相当の差别があるといても,拟声语の书面式をみれば、模拟するのは何の音であるかすぐわかる。
小泉文夫画「音楽の根源にあるもの」でこうした描写がある:“大きなハンマー人は,やはりゆっくりとしたテンポで、ガーン、ガーンとたたいているが、中くらいのハンマーでは、トントン、と速めにたたく。そして、细かい仕事をする人は、小さなハンマーでテンテン、テンテンと小刻みにたたいている。”
文章は大きい、中くらい、小さいのハンマーの音を描写する。大きいは「ガーン、ガーン」(「哐哐」、模拟された物体の冲撃、振动のおと频率は低い、重い感じする);中くらい「トントン」(「嗵嗵」、模拟された冲撃の音は频率速い、音は前者より小さい);小さいのは「テンテン、テンテン」(「当当,当当」、连続の小さなたたえる音)。三つの拟声语は聴覚イメージは生き生きと三つの违う道具の性质や状态を表现する。
もちろん、どの拟声语でこれらの音を表现するのかは,作者の意识と深いかかわりがあるが,人に与える感覚は共通性がある。例:
1:风が吹いて、落ち叶がかさかさと音を立てる。(风吹落叶,发出沙沙的响声)
2:小川の水がさらさらと流れている。(小河的水哗啦哗啦地流着)
3:土砂がざあっと落ちてきた。(沙石哗啦哗啦地落了下来)
4:家は造船所に*いので、しょっちゅうぱあん、ぱあんと言う鉄板のぶつかり合う音が闻こえてくる。(我家离造船厂很* ,经常可以听到眶眶的铁板撞击声)
以上の1-4例の中のかさかさ(沙沙)、さらさら(哗啦哗啦)、がざあっと(哗啦哗啦)、ぱあん、ぱあん(眶眶)などの拟声语は落ち叶、流水、鉄板の冲撃时の聴覚イメージを体现する。でも、拟声语の唯一の特徴ではなく,音をきっかけに、或いは聴覚イメージの基础上,想像を通して视覚的、臭覚的、触覚などのイメージが派生される。


热文推荐
猜你喜欢
友情链接: